夏こそ乾燥対策を!

肌を刺すような強い紫外線、うだるような暑さ、効きすぎる冷房など、夏の肌環境は年々厳しさを増し、汗や皮脂で湿った肌の内側では、着々と乾燥が進んでいます。

湿度が高い日本の夏は“肌が乾燥している”と感じにくく、お手入れが手薄になりがち。乾燥はあらゆる老化の引き金になるため、放っておくと、シミ、シワ、たるみ、くすみなど、深い肌トラブルにつながっていきます。

夏の肌の乾燥の原因は。

1 うるおい流出

ご存じのとおり、人間は暑いと汗をかいて身体を冷やそうとします。適度な汗ならいいのですが、夏は汗の量は増加。健やかな肌を構築する成分までもが汗と一緒に流出してしまうので、肌の中はカラカラに。また、汗を拭く回数が増える分、肌表面の水分も奪われやすく、乾燥やゴワつきを感じやすくなります。

2 さっぱりスキンケア

化粧水や美容液といった“水分”のお手入れはして、乳液やクリームといった“油分”のお手入れは、ベタつくからと避ける人は少なくありません。しかし、夏の肌はカラカラの砂漠状態。どんなに化粧水を入れ込んでも、油分のフタをしないとうるおいがどんどん逃げてしまい“夏枯れ肌”状態に!

3 夏冷え

冷房の効いた部屋で長時間過ごすことが増えると、身体は冷えていきます。そこに冷たい飲み物や食べ物が加わると、身体はさらに芯から冷え血行不良になり、乾燥が加速してしまうのです。

4 紫外線

過度に紫外線を浴びてしまうと、うるおいを維持していくことが難しくなります。肌はバリア機能が失われると、角質をため込んで自らを守ろうとする機能が働き、角質が肥厚。そうなるとスキンケアの浸透が悪くなるので、より肌の乾燥が進むという悪循環に!

5 夏バテによる栄養不足

夏は冷たいものばかり食べて、きちんとした食事をとらない人も少なくありません。食事量が減ると、たんぱく質や脂質、ビタミン、ミネラルといったキープしておきたい栄養素までも減ってしまい、夏バテを起こしやすいからだに。(資生堂より)

肌表面がしっとりしていて自覚しづらい分、夏から秋にかけての乾燥は冬の乾燥より厄介なもの。暑さと紫外線量がどんどん上がっていく今から乾燥を徹底的にブロックしておけば、一年中ハリ・ツヤ・うるおい・透明感のそろった美肌でいられるはず!

それには、エステでスペシャルケアを!

1 肌を柔らげるリンパマッサージで血流を促す

リンパの流れに沿って肌をトリートメントするリンパマッサージ。紫外線を浴びてゴワつきがちな肌をほぐして血流の滞りを防ぐことで、ターンオーバーをサポートします。

2 たるみ改善で弾力キープ

通常のスキンケアで浸透しづらい美容成分を、微弱電流のエレクトロポレーション導入で肌奥まで。

3 抗酸化成分導入で肌サビ予防

メラニン色素の活性化や肌の酸化を防ぐだけでなく、コラーゲン生産をサポートするビタミンC。日焼け後は特に必要なので、イオン導入でたっぷり肌の深部まで浸透させます。

4 パックで保湿

海藻ミネラルにビタミンC、抗酸化作用などを配合したゲル状パックで、しっかり保湿。


正しい保湿で、夏の乾燥肌をうるおい肌へ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です